治験とは

治験とは

国(厚生労働省)から「くすり」として認めてもらうために行われる試験のことを「治験」といいます。

このページの先頭へ

治験の流れ

  • はじめの診察治験担当医師や治験コーディネーターなどから治験に関する詳しい説明を行います。
  • 説明同意説明文書をもとに、治験の目的や方法、検査内容、来院回数、その治験薬の予測される
    効き目と副作用などについても説明致します。
  • 同意・署名患者様のご意思で治験に参加することに同意していただきます。
  • 参加条件の確認(検査・診察)その治験の条件にあうかどうかなどの治験のための診察や検査を行います。
    (治験ごとに詳細に決められています)
  • 治験薬の投与←→診察・検査治験担当医師から指示された用法用量を守って、一定期間治験薬を使います。
    決められた来院日に採血、採尿、血圧測定などの検査を実施します。
    病状の回復具合だけではなく、体調の変化を詳しく調べます。
  • 終了投与、来院(診察・検査等)を何度か繰り返し、終了します。